スバルAWDの歴史

スバルの4WD()開発の原点は1971年発売のレオーネに始まる。なんでも東北電力からの要請で作ったとか。当時は4WDといえばクロカン(ジープのようなスタイル)だったわけで、量産型で乗用車タイプは日本での先駆けとなったといいます。

。エンジンはもちろん水平対向エンジン。1.4L水平対向4気筒OHV、93PS/6,800rpm、11.0kgf·m/4,800rpmというスペック。

Subaru_Leone_4_Door_Sedan_4WD

なんだかスカイラインのようだな。


10月13日、群馬県板倉町の渡良瀬遊水地で、 レオーネ オーナーズクラブ(SLOC)による「2014 レオーネ ミーティング」が行われた。

同ミーティングは例年秋に行われているもので、今年で12回目。当日は台風が迫り旧車にとっては有り難くない天候となったが、それでも関東を中心に各地から11台が集まった。

この日集結した『レオーネ』は、最終型のAA型が9台と、初代エステートバン、2代目RX。レオーネがスバルのラインナップから落ちて20年がたち、部品の在庫状況やメンテナンスなどは各オーナーは気になるところで、そうした情報交換、近況などを語り合った。

同クラブの会員は現在約50名。中国地方から北海道までと広範囲にわたる。真辺岳夫代表は「今年は20歳の会員が2名入会するなど、うれしい驚きがありました。
レオーネにも波がきていますね」と笑顔で話した。レオーネ所有の有無を問わずメンバー募集は随時行っており、レオーネに興味を持っている人なら大歓迎という。
また、レオーネをスクラップにしないために引き取り希望者の募集も行っている。


本物のスバリスト
レガシィ以後はニワカ


>>
ホントにこれ


>>
まったくもってその通り

>>
すいません

4輪駆動が売りだったのね?

「10-4 10-10」の車も、レオーネだった気がする。(´・ω・`)
https://i0.wp.com/i.imgur.com/iI8ahc9.jpg?w=680
https://i1.wp.com/i.imgur.com/v4MzGrZ.jpg?w=680


一時期のいすゞの変態度は異常
https://i2.wp.com/www.carsensor.net/CSphoto/cat/IS/S009/IS_S009_F001_M001_3_L.jpg?w=680
続くのがマツダ

スバル
https://i1.wp.com/qcar.up.seesaa.net/image/ALCYONE06.jpg?w=680
https://i1.wp.com/cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/005/333/254/4d90111779.jpg?w=680まあシトロエンの変態度には勝てんがw
https://i1.wp.com/blogimg.goo.ne.jp/user_image/41/17/a8578ebc8aed6f3c99f14232d9c7a959.jpg?w=680


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする