iPhoneは修理してから買取業者へ売却するのがお得、少しでも安く手に入れるには?

Pocket
LINEで送る



壊れたiPhoneは買い取り額が減額対象になる場合も

価格が高めなiPhone Xですが少しでも安く手に入れたい、月々の支払いを安くしたい場合を考えます(格安simは今回は除外。大手キャリア利用が前提です)。

いろいろな方法があると思いますが、購入時に少しでも端末割賦代金を減らして月々サポートを受けつつ運用するという方法も選択肢に入るのではないでしょうか。

毎月の携帯電話料金は【通信にかかる基本料金+通話料】と【端末代金の割賦金額】という内容がほとんどだと思います。

よく目にする「iphoneが実質0円」とか「**円で手に入ります」というのは端末代金のことで、実際にはさらに【基本料金+通話料】がかかります。

【基本料金+通話料】にもカラクリがあって、「iphoneが実質0円」とか「**円で手に入ります」というプランでは一番安い基本料金プランが選べなかったりとかなり複雑です。

結局のところ、端末代金は2年間契約する前提で毎月の月々サポートを受けることができ【】となるのですが、その代わりに高い料金プランを強制することで【携帯電話端末へのサポート分】を取り戻しているという戦略と言えます。

(どの大手キャリアもまるで裏取引があるかのようにほぼ同じ価格ですよね)

しかし、大手キャリアが悪いというわけではないのです。これだけ充実した通信回線を提供しているのは世界でもトップレベルで、価格も決して高いというわけでもない。だったら「iphoneが実質0円」とか「**円で手に入ります」というサービスを受けないで一番安い料金プランにすることが月々の支払いを抑える方法となります。

一括で支払ってしまえば毎月の支払いは安い

当たり前のことですが、【端末代金の割賦金額】が無い分、毎月の支払額は安くなります。しかも、月々サポートがさらに受けられるので【通信にかかる基本料金+通話料】より更に引かれるということになったりすると、月々の支払額が3000円台になることも。

毎月の支払いが安くなるので何となく負担が軽くなったように思えます(2年間の総額で考えるべきですが。それでも少し安かったような)。

今使っている端末は高く買い取ってもらう

大手キャリアでも【下取りプログラム】を行っているので利用しない手はないのですが、もっと高く買い取ってもらえる店舗があります。

ドコモの下取りプログラムは次のようになっていました。

7 Plusでも46000円、しかも容量に関わらずの一律価格です。しかし、たとえば
携帯電話の買取なら【携帯買取アローズ】
のような買取業者を用いるともっと高く買い取ってもらえます。

なんと7 Plusの256GBの場合92000円とドコモの2倍。

綺麗に使っていた、付属品もそろっているという自信のある人はぜひ利用することをお勧めします。

買取前にはぜひ修理を

買取は状態によって金額が大きく変わります。

キャリアのサービス、d-cardなどの保険が利用できる人は積極的に利用して修理することをお勧めします。万が一そのようなサービスに加入していない人でも利用できる修理サービスがあります。

iPhone修理のグッドモバイルは格安で修理してくれる業者ですが、たとえ1万円程度かかったとしても買取業者による価格が相殺してくれます。