「超弩級」の語源が意外だった

Pocket
LINEで送る


今回の台風
かなりの爪痕を残しましたね。
今回の台風にも「超弩級」という言葉が使われていましたが、
何となく「台風という括りの中でもかなり強烈な」という意味合いかなと思っていました。
意味合い的には正しいのですが、語源は意外です。
1906年にイギリスで建造された大型戦艦「dreadnought(ドレッドノート)」の「ド」に「弩」の字が与えられ軍での識別に用いられたとか。

No tags for this post.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする